腰痛 原因−血行不足

腰痛対策に必要な血行不足への知識であるが、もう少し深く解説していこう。

血行不足が原因で生じる腰痛の症状の例をここで挙げたいと思う。

・朝起きた時に『腰が痛い』、起きてしばらく動いているとそのうち痛みが取れてくる。

このようなケースでは、寝ているときに血行が悪くなっていることが考えられる。

動いていると血液が循環して、痛みが取れることが多い症状だ。

・前日に重たいものを持って翌日に『腰が痛い』ケース。

これは筋肉中に疲労物質が溜まり、血行不足になり発痛物質が発生、腰痛が出たと考えられるケースだ。

マッサージを受けると、患部の血行が良くなり筋肉がほぐれてくるため、痛みはとれてくる。

しかし自分自身の力で血液を流せる能力を回復させることが根本的な治療となるようだ。

マッサージ等で血行を回復させたとしても30分も歩いていれば、また患部に悪い血が溜まり元に戻ってしまうだろう。

腰痛対策をするには、他人任せではいけない。

マッサージや整体などに通っても、自分自身の意識が腰痛を改善することに向かっていなければ、時間とお金を無駄にすることになるだろう。

その瞬間は楽になっても、しばらくすると腰痛が発生し、確実に苦しむことになってしまうだろう。

自分自身で悪い血を停滞させないでうまく循環させるようにすることがとても必要である。