腰痛 予防 対策

腰痛対策は、人や症状によって多様に変化する。

今回は『血行不足』について取り上げる。

日々の疲れをしばらく放置していると、いずれ蓄積してくる。

そのため血行不足により筋肉が衰えてくる。

また筋肉が衰えることにより痛みが生じるが、その痛みをかばい必要以上に動かさないでいると筋肉はどんどん衰えてくる。

『血行不足』を放置していると身体には以下のような症状が出てくる。

・動かすのがつらい

・一日の疲れが抜けない

血行不足では筋肉中に疲労物質(乳酸)が蓄積される。

それが慢性化すると発痛物質(ブラジキニンなど)が筋肉中に溜まり、痛みが出る。

この血行不足から腰痛という形が現れてくる。

腰痛対策において、『血行不足』に着目することはとても大切である。

『疲労』から『血行不足』という流れを理解しておくだけで、これらの状態になったときに、誰にも頼らずに自分自身で腰痛を未然に防ぐことが出来る。

腰痛対策、腰痛予防の第一歩はこの血行不足を改善することにあるといっても過言ではない。

ここでしっかりとした対策が出来れば、腰痛自体が悪化することはない。

腰痛が悪化するということは、早期ケアができていない証拠である。

改めて日々の健康管理が重要だということを認識してほしい。