腰痛の原因

腰痛対策を考えるにあたって、大変重要なことは腰痛の本当の原因を理解しておくことである。

例えば朝起きた時に腰が痛いと感じる人は多いと思うが、何故朝に痛むか分かるだろうか?

そして朝痛かった腰が、動き出すと痛みが和らいでくるのはなぜだろう?

実はとてもカンタンなことなのだが、ほとんどの人がきちんと答えることが出来ない。

驚きなのだが、これだけの情報があふれている中で、これだけ苦しんでいる人が多い腰痛に関して、一般的にその知識は乏しい。

腰痛対策に不可欠な腰痛への知識。

腰痛になる原因は実は簡単な理由なのだが、実際に答えられる人は少ないだろう。

腰痛は、今や国民病とまで言われる。

そんな有名な症状でさえ正しい知識を身に付けている人はごく一部だ。

おそらく差し迫った理由がない限り、人は学ぼうとはしないのだろう。

人間本来の自然な動きから大きく外れた動きをすることで、無理をしたり不意の動きがあったりして腰を痛めることは多い。

例えばスポーツ障害やお年寄りの圧迫骨折もこういう部類に入る。

お年よりはもちろんだが、若者も気をつけていかないと他人事では済まされないだろう。

腰痛対策をするには、腰痛の発症原因を特定することも重要だ。

もし無理な姿勢を続けて腰痛になってしまったのであれば、その姿勢をしないように努め、なぜその姿勢で腰痛になってしまったかを考えれば自ずと答えは出るものである。